シャンプー 種類

シャンプーの種類について

シャンプーにはいろいろな種類がるのはすでに知っていると思います。
基本的にシャンプーには界面活性剤が使われているのですがその中でも
いくつかの種類に分類することができます。

 

界面活性剤が使われているシャンプーを大きく分類すると、
石油系、石鹸系、高級アルコール系、アミノ酸系に分けられます。

 

よく私たちが目にするスーパーやドラッグストアで売られているシャンプーは
そのほとんどが高級アルコール系だと言われています。この種類のシャンプーは
高級と付くのですが洗浄成分が強力で比較的安価なものが多いのが特徴です。

 

最近では髪を洗うのには石鹸系のシャンプーがいいと言われています。
石鹸系のシャンプーの特徴としては洗浄力があるということと環境に優しいと
いう点が挙げられます。何か原点に戻るような提案でもあるのですが理にかなっている
とも言える発想が石鹸系のシャンプーにはあります。

 

この高級アルコール系のシャンプーと石鹸系のシャンプーの
デメリットとも言えるのが洗浄力が強すぎて髪がキシキシしてしまうことです。

 

おそらく市販で売られているシャンプーを使っている人ならわかると思うのですが
普通にシャンプーをした後にそのままにしている人は少ないと思います。
少なからずリンスやトリートメントなどを使って指通りを滑らかにしたり
仕上がりにまとまりが出るように工夫している人が多いのではないでしょうか?

 

リマーユシャンプーはアミノ酸系のシャンプーに分類されるのですが
アミノ酸系のシャンプーというのは洗浄能力も程良く、肌にも優しいのが
特徴であまりキシキシという仕上がりにはなりにくいと言われています。

 

しかし、デメリットも当然あって、値段が普通のシャンプーよりも少しお高めです。
なのでアミノ酸系のシャンプーを使っている人は髪に関してはこだわりのある人が
多いように感じます。事実美容室ではほぼアミノ酸系のシャンプーを使用しています。